*

中学受験で出題されやすいおすすめの本

中学受験の国語の試験では、よく同じような作家の文章が出題されることが多いです。
中学受験でおすすめの本というと重松清やあさのあつこなど、児童文学を書いている作家の文章が出題される
場合が多いです。
でもただ読むだけでは意味がありません。
書いてある内容、自分が感じたこと、また必ず伝えたい内容が含まれています。
伝えたい事は何か、を読み込むことが国語の読解力であり、重要な問題なのです。
その為には本を多く読む必要があります。出来れば学校や塾でのおすすめの本が一番良いです。
自分と同世代の人物像が主人公であれば読む力もつきますし、今後が気になり文章を読む時間が短くなります。
中学受験で必用なのは読解力です。
自分が気に入った文章であれば自然と覚えていきます。
内容もイメージできます。
後はしかし、ところが、やはり、また、などの助詞に気をつけて文章を読んでいけば、自然と答えはでてきます。
また文章問題だけでなく、漢字の読み書き、意味など簡単な問題は、すぐに答えがでるようにしておくことが重要です。
学校説明会だけでは教えてくれないことも家庭教師や学習塾では教えてくれます。
受験前に様々な情報を得ておきましょう。



コメントする