*

2014年10月

セラミド配合化粧品の選び方

セラミド配合の化粧品はたくさんありますが、選ぶときには注意が必要!

 

実は、成分名や商品名にセラミド○○というように、セラミドの名前が付いても本当のセラミドではなくセラミドに似た働きをする成分をそのようなセラミド○○という名前で呼んでいる場合もあります。

 

本当のセラミド使われているいる場合には「セラミド1」や「セラミド2」などのように数字が後についている場合が多いです。(絶対ではありません)

しかし、仮に本物のセラミドが含まれていても、濃度が低すぎて効果が弱かったりする場合もあります。

 

なぜこのような偽セラミドが出回っているかというと、セラミドの原価が高価であるというのが、一番の理由のひとつです。

そのため、本物と間違えてしまうような紛らわしい商品が多数販売されているのです。

 

では、どうすれば、本物のセラミドであるかどうかを確認できるでしょうか?

間違いないのは、メーカに確認するのが間違いないです。ただし、メーカーは濃度までは教えてくれない場合もあります。ある程度効果が期待できる濃度しては、1~2%以上の濃度の物になります。

 

また、セラミドは水溶性ではありませんので、化粧水など水分値が高いものにはほとんど含まれておりません。基本的には美容液やクリームのような商品に配合されている場合がほとんどです。

 

それから、美肌のためには、若いうちからのしっかりした紫外線対策が必要です。若いうちからしっかりしておくことで、年を重ねた時のケアは変わってきますよ。


冷水洗顔って結局のところお肌に良いの?良くないの?

美魔女が絶賛する冷水洗顔が気になっています。

ネットを流し読みすると、冷水洗顔がいい、とする記事もあれば、

冷水洗顔は絶対に良くない、とする記事もあり、なんだか混乱してきました。

 

いくつかのサイトを読むうちに、なんとなくその混乱の原因が掴めてきました。

 

まず、冷水洗顔否定派は、冷水では皮脂などの顔の汚れが落ちない、

ということを主張しているようです。

皮脂などを落とすためには30度程度のぬるま湯が適していて、

冷水では皮脂を落とすどころか詰まらせてしまうことを懸念しているようです。

 

一方、美魔女の方の洗顔方法では、冷水で洗顔する前に、まず汚れを落とす操作をし、

肌を温め、最後のステップとして冷水でお肌をひきしめる、という順で行うようです。

てっきり、冷水以外は使わないのかと思っていましたが、違うようです。

 

否定派はほかにも、冷水だと赤ら顔になるから、という意見も挙げているようですが、

そこは人によって差があるところだと思います。

両者とも、ぬるま湯で汚れをしっかり落とすところは共通しているので、

そこは信じて洗顔に励みたいなと思います。

プラセンタ美容効果

 

 


薄毛対策しています

女性用のウイッグのCMや育毛剤などを見ても自分には関係ないと思っていました。
ですが、70歳になる私の母親の生え際が最近薄くなってきたのを見て、遺伝するのであれば私も気を付けなければと薄毛も他人事ではないと思えるようになりました。
友人にも薄毛対策で何かしているのか聞いてみたところ、意外と育毛剤や育毛シャンプーを使っていたのでびっくりしました。
ただ、友人が言うには育毛剤などに頼るだけではなく、適度な運動をして代謝のよい体作りや、脂っこい食事を控えて頭皮のバランスを整えることも併せて実行した方が良いとのことでした。
あと、頭皮のバランスを整えるためには、朝シャンはNGなんだとか。
私は運動嫌いだし、朝シャン派なので、まずはそこから直そうと思いました。
普段使っているシャンプーも安い物を使っていましたが、地肌に優しい成分の商品に変えてみたのですが、頭皮がスッキリして気持ちが良いです。
ちょっと気を付けるだけで薄毛対策になるようなので頑張りたいと思います。

抜け毛育毛剤おすすめはこちら

詳しい資格の持っている人なら

民事再生による整理は住宅のためのローンがある多重債務の問題に陥っている債務者のために住宅を手放すことなく経済的にやり直すための法的機関による手順として平成12年11月にはじまった解決策です。

 

民事再生は、破産のように免責不許可となる要素がなく、浪費などで債務がふくらんだような場合でも申請はできますし破産宣告をすれば業務停止になるリスクのある立場で収入を得ている方でも民事再生手続きは可能になります。

 

破産の場合には住居を対象外にするわけにはいきませんし、特定調停等では元金そのものは戻していかなければなりませんので住宅ローン等も返しながら返していくことは多くの場合は簡単なことではないでしょう。

 

民事再生による処理を選択できれば、住宅ローンのほかの負債額は少なくない金額を削減することも可能ですので、余裕がある状態で住宅ローンを支払いながらそれ以外の負債を払い続けることが可能ということです。

 

いっぽうで、民事再生は任意整理や特定調停といった処理と異なりある部分だけの借り入れを除外して手続きしていくことは考えられませんし、破産申請におけるように借り入れ金そのものが消滅するわけではありません。

 

さらには、それ以外の方法と比較してもある程度手間もかかりますので、住宅ローン等を組んでいて住宅を維持していきたいような場合等を除外して破産申請のようなその他の解決策がない場合のあまり優先したくない解決策と判断しておくのがいいでしょう。